真冬の極寒ゴルフ場!着膨れしないおすすめファッションと寒さ対策

GOLF コラム

golf-284633_960_720

真冬のゴルフは、何といっても寒さ対策が重要です。

防寒をしっかりしないと、肝心のスコア向上はもちろん、けがにもつながります。

最近はファッション性を考え、着膨れしない薄手のアウター・インナーウエアも増えています。

大切なのは防寒と動きやすさ

真冬のゴルフで極端な重ね着をすると、着膨れします。見た目のファッション性が悪くなるばかりではなく、動きも悪くなります。

ゴルフは体をひねる動作が多く、着膨れによって動作が鈍くなります。

これでは、スマートなゴルフはできません。

逆に真冬に防寒が不十分なウエアでラウンドすると、寒くて集中力が保てません。

加えて、体全体がこわばり、体に余計な負担をかける可能性も高まります。

その結果、肉離れや捻挫などのけがを発症しやすくなります。

ゴルフはスキー場やスケート場と違って、真冬でも日中のプレーなら氷点下に下がることはほとんどありません。

大切なのは、ウインタースポーツのような「重装備」ではなく、しっかりと防寒の機能を果たし、動きやすいウエアを着用することなのです。

アウターとインナーの素材で暖かさがアップ

動きやすさを重視するなら、アウターにブルゾンベストタイプのウエアをおすすめします。

ショットの際、長袖が気になるという方に最適なチョイスです。

中間層は薄手のセーターを着て、インナーはヒートテック素材の発熱型のアンダーがベストです。

暖かさを重視するなら、中綿入りの薄手のブルゾン型がおすすめです。

中間層は薄手の中袖シャツ、インナーは保温型のアンダーか、もしくは発熱型のアンダーを選びましょう。

インナーのアンダーウエアによって、防寒の度合いがかなり変わってきます。

下半身の防寒対策は、上着に比べてそれほどナーバスになる必要はありません。

インターに発熱か保温タイプのタイツ、アウターに中綿入りか裏起毛のパンツを重ねます。

インナーとアウターの2枚重ねで、暖かさがかなり違ってきます。

インナーで大切なのは、首の周囲もしっかりとカバーできるタイプです。

冬は強風も予想され、しっかり防寒しても首から風が入り込めば、体感温度が一気に下がってしまいます。

移動やオフプレー時に中綿がしっかりと入った厚手のロングコートがあれば、大概の真冬のゴルフの寒さ対策になります。

真冬でも着膨れしないファッション性に富んだウエアは、周囲から見てもスマートです。

同事にスコアメイクを大きくアシストしてくれます。

ページトップへ戻る

Copyright © 2015 EAGLE-ONE GOLF CLUB
All rights reserved.