ゴルフ界話題の大ヒットを解説! テーラーメイドのドライバー「Mシリーズ」

GOLF コラム

ドライバー

日本のみならず、世界で話題となった大ヒットしたゴルフギアとは。

テーラーメイドのMシリーズのドライバーを挙げる方が多いと思います。

最新モデルの「M4」と「M3」に加え、モデルチェンジ前の「M2」と「M1」の各シリーズも取り上げてみます。

M4とM3には進化を感じる

当然ではありますが、2018年にリリースした「M4」と「M3」シリーズは、17年の「M1」と「M2」に比べ、進化を実感できるドライバーになっています。

何といってもMシリーズは、あのタイガー・ウッズやロリ―・マキロイら、超一流選手が使用していることでも有名になりました。

「M4」が「M2」、「M3」が「M1」の後継モデルとしての役割を担っています。

ただし、ウッズの場合、「M2」から「M3」にドライバーを変更しています。

各ゴルファーのスタイルやフィーリングによるものが大きいかもしれません。

後継モデルの概念はあくまで目安で、試打などで特性をつかむことが大切です。

「M4」は重心距離が44.5㎜と、かなり長くなりました。

市販の460ccドライバーと比べると、最長クラスです。

フィーリングは、球をより的確に中央に集めやすく、ツイストフェース搭載の利点を発揮。

コントロールもしやすくなっています。

「M3」は打球の直進性に優れ、やさしい打感を印象に挙げるゴルファーも多くいます。

M2とM2は旧モデルのクセも

それでは、「M2」と「M1」の現在の立ち位置はどうなのでしょうか。

ITなどではよく「1世代前」「2世代前」というようなOSのバージョンの比較をします。

確かにこの2シリーズは、2017年に発売した旧モデルです。

とはいえ、旧モデルといっても、性能が悪いというような感覚はありません。

「M1」のトップは440ccと「M4」に比べてコンパクトです。

ただし、他クラブのヘッドに比べてヘビー級で、球を飛ばすためには、そこそこのヘッドスピードを稼ぐことが必要です。

球も「M3」に比べ、感覚的に上がりづらい印象があります。

一定レベルのゴルファーなら、あまり問題ないかもしれません。

「M2」は「M1」と「M3」シリーズとは異なり、ヘッドのウエートを変えられません。

固定ウエートです。特に「M1」に比べると、スピン量が多くなります。

ドローがかかりすぎず、イメージ通りの打ち出し感を得られます。

プロの中でも「M1」と「M2」シリーズを使い続けているケースも見受けられます。

Mシリーズは、トータルで見て非常に完成度の高いドライバーであることを物語っています。

ページトップへ戻る

Copyright © 2015 EAGLE-ONE GOLF CLUB
All rights reserved.