花粉症ゴルファー必見!予防対策とこれだけは用意しておきたい必須アイテム

GOLF コラム

花粉

ゴルフ場で花粉症に悩む人も多いでしょう。

予防対策をしっかりして、プレーに集中したいものです。

ここでは、花粉症の予防対策として、用意すべき必須アイテムを紹介します。

これで春先のゴルフはばっちりです。

外観から防備せよ

春先になると、ネガティブになるゴルファーも少なくありません。

長年、花粉症に悩む方がいます。

一方で去年は大丈夫だったけど、今年は花粉症の症状が出たという人もいます。

せっかくの春先の好天のゴルフでも、これでは楽しめませんよね。

目がショボショボし、くしゃみを連発させているようでは、ゴルフのスコアを期待できません。

貴重な休日や取引先との大事な接待ゴルフで花粉症がひどくなると、台無しになってしまいます。

ゴルフ場で花粉症の大きな原因になっているのはスギ、ヒノキなどです。

スギは冬の終わりの春先に飛散する傾向があるので、注意が必要です。

地域によって若干の違いがありますが、時期的には2月下旬~4月中旬です。

花粉症の予防対策は、まず外観の防備です。

用意する必須アイテムは「マスク」と「眼鏡(ゴーグル)」です。

花粉症を防止する眼鏡は、スポーツ用品店でもそろえています。

この2つのアイテムは必須です。

ウエアは花粉が付着しない表面がツルツルした素材も大切なアイテムです。

事前準備も有効

花粉症対策として、念には念を入れましょう。

事前に病院の専門外来を受診し、薬を処方してもらうのも手です。

薬で花粉症を抑えるツアープロも少なくありません。

かなり有効的な花粉症対策です。

飲み薬、塗り薬などの種類があります。

このほか、注射による予防法もあります。

自分でできる方法もあります。

体調をしっかり整え、免疫機能を高めます。

規則正しい生活を心掛け、睡眠をしっかりとって、深酒や暴飲暴食を避けましょう。

ラウンドする1週間前から、体に負担をかけるような生活を慎みましょう。

花粉症の症状を和らげるため、目薬や点鼻薬があれば安心できます。

市販薬もありますが、病院で処方された薬の方が効果があります。

薬はかさばるものではないので、ウエアのポケットに入れておけば、お守り代わりにもなります。

薬はゴルフのプレー以外、日常生活でも使えるので、用意しておけば使い勝手があります。

花粉症で春先のゴルフを諦めていたゴルファーも、しっかり花粉症対策を施してコースへ出かけましょう。

しっかり準備をすれば、ゴルフを楽しめます。

ページトップへ戻る

Copyright © 2015 EAGLE-ONE GOLF CLUB
All rights reserved.